ガスコンロについて

当社はPalomaの一次代理店です。商品販売のことに関してはお任せください!

お料理をもっと楽しく、もっと美味しくなるように。
ガスコンロは、調理をする上で欠かすことのできない設備ですので、安全で使い勝手の良いものを選びましょう。

最新の商品には、タイマー機能や温度調節機能、グリル機能など便利な機能が充実しています。
こうした便利な機能を使いこなすことで、毎日のお料理の幅が広がり、楽しい調理の時間を過ごすことができるようになります。

ガスコンロの商品紹介はこちら≫

最近では、ガス給湯器やガスコンロをインターネットで安く購入される方が増えています。
ガス機器類を安全にお使いいただくためには、正しい取り付けが必要不可欠。必ず、当社のようなガスの専門知識を持った業者にご依頼ください。

デザイン性や価格だけではなく、機能性や掃除のしやすさなども注目して選ぶと間違いありません。

もし、取り付けのことお困りごとがございましたら、小さなことからお気軽にご相談ください。

ガスコンロの不調を発見したら、以下のチェックポイントを確認してみてください。
故障や異常ではなく、電池切れが影響しているケースもございます。
こちらではよくある症状の原因と、解決策のアドバイスをお伝えします。

●点火しない・点火しづらい


☑ガスソフトコード(ゴム管)は折れていませんか?
→ガスソフトコードに折れやねじりがあると、うまく点火できないことがあります。

☑乾電池は切れていませんか?
→新しい電池に交換して、点火できるかご確認ください。

☑バーナーキャップはきちんとセットされていますか?
→バーナーキャップにマーク(前・後・△印など)が記載されていますので、向きを合わせてセットしてください。

☑アルミ製の汁受皿を使用されていますか?
→指定されているもの以外の補助具を使用すると、トラブルの原因となる場合があります。

●点火ボタンから手を離すと火が消える、ガス臭い、(2口の場合)両方ともバーナーの炎が小さい


☑ガスソフトコード(ゴム管)は折れていませんか?
→ガスソフトコードに折れやねじりがあると、うまく点火できないことがあります。

☑バーナーキャップは汚れていませんか?
→バーナーキャップが目詰まりしている場合は、器具ブラシで詰まりを取ってください。
また、水洗いした場合は、完全に乾かしてからご使用ください。

☑乾電池は切れていませんか?
→電池切れで立ち消えすることがあります。
新しい電池に交換して、点火できるかご確認ください。

☑バーナーキャップはきちんとセットされていますか?
→バーナーキャップにマーク(前・後・△印など)が記載されていますので、向きを合わせてセットしてください。

●炎の色がおかしい


☑室内で加湿器を使用していませんか?
→室内で加湿器を使用していると、ガスの炎がオレンジになることがあります。
水道水に含まれる微量のアルカリ金属とガスの炎が反応しただけで、心配はありません。

☑鍋の底が煤で黒くなりませんか?
→バーナーキャップが目詰まりしていることが考えられます。
器具ブラシで詰まりを取ってから再度ご確認ください。


上記を試しても症状が改善されない場合は、故障していることが考えられます。
当社までお気軽にご連絡ください。

ガスコンロ・給湯器に不具合が生じた時、「修理と交換、どっちがいいの?」と悩まれる方も少なくないのではないでしょうか?

ガスコンロ、給湯器の耐用年数はおよそ10年前後と言われています。
寿命を過ぎると、表面上は問題なく使えていても、知らず知らずのうちにガス漏れが起こっていたり、ある日突然お湯が出なくなってしまった!なんてケースも。
ですから特に故障が起こっていなくても、10年以上お使いでしたら、一度点検をご依頼されるのが良いでしょう。
取り付けから10年以上が経過すると、メーカー側に部品が無くなることもありますし、修理したとしても、残りの耐用年数はあと数年……。
そうなると新しい製品に交換した方が断然お得と言えそうです。

ガスコンロや給湯器は年々進化していますので、光熱費がお得になったり、お料理の手間が軽減されたりと、うれしいメリットもたくさん♪ 
使用年数が7~8年でしたら、修理の方がお安く済むケースもありますので、当社までお気軽にご相談ください。